ニートの就職情報まとめ|抜け出すための戦略ガイド

*

正規雇用と非正規雇用の違いについて

   

正規雇用と非正規雇用の違い

 「社会に出て働く」といっても、そのスタイルには様々なものがあります。ほとんどの人が正社員として働くことをイメージすると思いますが、そのほかにもいろいろな働き方がありますね。しかし、一般的には「正規雇用」、「非正規雇用」という2つの枠組みに分けられています。正規雇用とは先にもあげたように正社員としての雇用のことであり、フルタイムの労働契約を指します。一方、非正規雇用には様々な形があります。

 例えば、①フルタイムより少ない時間勤務する「パート」、②臨時雇用の「アルバイト」、③派遣会社から勤務先に派遣される「派遣社員」、④終身雇用ではなく一定の期間のみ労働契約を交わす「契約社員」があります。その他、ある企業に長期間勤務した社員が職場に復帰するケースを「嘱託社員」と呼んでいます。

正規雇用と非正規雇用の注意

 働き方は人それぞれとはいえ、正規雇用と非正規雇用でどちらが有利かといったらやはり正規雇用の方に軍配が上がるでしょう。待遇や保険内容などがより充実しており、給与額も高いからです。そのため多くの人が正社員としての雇用を目指しますが、落とし穴があります。その落とし穴を意識せずに就職活動や転職活動を進めてしまうと後になって大きなトラブルに巻き込まれることがありますので、十分注意するようにしてください。

 例えば、求人票に正規雇用である旨を明記していない企業には要注意です。求人票には正社員としての登用とは書いてあるけれど契約書には別のことが書いてある、というケースにも気を付けたいものです。このような求人票の不正は中途採用やフリーター・ニートを対象とする求人票によく見られると言われています。

 ぜひ、応募や入社契約をする前に契約書の内容をきちんと確認し、自分の身を守るようにしてください。自分だけでは不安がある場合は就職・転職エージェントなどに相談し、プロの意見を仰ぎましょう。

【関連記事】
ニートの仕事探しについて
ニートが活用できる求人情報媒体について
わかものハローワークを活用しよう
試用期間ってナニ?知らないと危険かもしれない就職用語とその意味

 - 求人情報

  関連記事

試用期間ってナニ?知らないと危険かもしれない就職用語とその意味

求人情報に掲載されていることがある「試用期間」、これってナニ?  就職しようと求 …

no image
ニートが活用できる求人情報媒体について

転職エージェントのこと  転職エージェントと聞くと、キャリアを積んだ転職希望者が …

no image
ニートの仕事探しについて

自分の興味があることをスキルにつなげる  ニートが事前準備をすることなく、すぐに …

no image
わかものハローワークを活用しよう

ニート向けの就職支援を展開するハローワーク  ハローワークは、言わずと知れた、厚 …

  • snowdrift