ニートの就職情報まとめ|抜け出すための戦略ガイド

*

ニートの就職成功の流れ

 ニートがアルバイトではなく正社員を目指すことは、一言で言えば、「とんでもなく大変なこと」です。それでもチャレンジする価値は大いにあるでしょう。そのチャレンジに伴うべきは入念な準備であり、就活と呼ばれるものを的確に行うためのプラン作りです。以下のことを意識してそれを実践してみてはどうでしょうか。

就職プランを立てよう

 入念な準備とプラン作りの最初の段階は、再びニートに戻ってしまうような状況を生み出さないことです。決意だけでそれができる人もいますし、誰かに背中を押してもらわないとできない人もいるでしょう。「何のために就職したいのか」、これをハッキリさせておく必要があります。

【参考記事】
就職活動は計画的に
自己分析が就職活動の要!
就職活動の目的を達成する
上がり症を克服する方法を知り、ニートから脱出して立派な社会人へ!
ニートだけど何か月活動すれば正社員になれますか?!

求人情報収集能力を身につける

 「働きたいけれども求人がない」、これはもはや言い訳にもなりません。求人はあります。探す努力をしていないか選り好みのし過ぎ、あるいは情報収集能力に欠けているだけです。努力をし、選り好みを抑え、ネットを有効活用して収集能力を身につけてみましょう。

【参考記事】
ニートの仕事探しについて
ニートが活用できる求人情報媒体について
わかものハローワークを活用しよう
試用期間ってナニ?知らないと危険かもしれない就職用語とその意味
正規雇用と非正規雇用の違いについて

応募書類の書き方

 ニートの間に趣味が高じて技能が備わったのであれば、それが例え就職を希望している企業やそれが属す業界などに関連がなくても、履歴書には触れておくべきでしょう。そこに食いついてくれれば面接まで辿り着くかもしれませんし、面接時に話題のキッカケにもなるかもしれません。

【参考記事】
ニートの履歴書の書き方
履歴書の志望動機の重要性
履歴書で悩んだ時の解決方法
アルバイトは職歴として就職活動に有効活用できると思いますか?検証してみましょう

面接の練習をしよう

 面接に慣れていないのはしょうがない。緊張で上手く喋れなかったとしても、それが理由で採用が見送られることはあまりありません。人として礼儀をわきまえ、「働きたい」という強い意志がそこに見られれば前向きに捉えてくれるはず。その礼儀を身につけ強い意志を表示することを重視してみましょう。

【参考記事】
ニートが面接でよく聞かれる質問
面接対策はしっかりしておこう
ニートが覚えておきたい面接のNG集

入社準備は万全に

 入社準備と言われても何をすればいいのかよくわかりませんよね。入社日の決定、必要書類の提出、就業規則の把握など、細かいことを挙げていけば結構必要事項があるのがこの入社準備。わからないことをそのままにせず、会社の人間に尋ねたり、身近な人にアドバイスを貰うなどして整えておかなければなりません。

【参考記事】
入社前のチェックポイントについて
入社の手続きについて
ニートの内定後の過ごし方
ニートから就職へ|初出勤までに用意しておくことや練習しておくこと
これだけは絶対に守りましょう!3つの入社後の注意点


公開日:
最終更新日:2016/11/08

  • snowdrift