ニートの就職情報まとめ|抜け出すための戦略ガイド

*

ニートが活用できる求人情報媒体について

      2015/07/14

転職エージェントのこと

 転職エージェントと聞くと、キャリアを積んだ転職希望者が利用するものと、決めつけていませんか?ハイクラスや管理職採用を前提とした求人を、ニートに紹介する転職エージェントはありませんが、企業ニーズにマッチした人材を紹介することで報酬を得ているため、一人でも多くの登録者を求めているという背景があります。

 自分のキャリアプランについて相談するという意味でも、転職エージェントには登録し、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。自分では気づかない長所や働くことへの志向性に気づく、よい機会になるかもしれませんよ。

転職サイトのこと

 既卒後3年以内のニートを除けば、新卒者向けの就職サイトを使って、求人探しをすることはできません。おのずと活用できるのは、転職サイトになってしまいます。ですが、転職サイトは自分の希望条件を登録しておくと、定期的にマッチする求人情報を知らせてくれるので、活用するにこしたことはない求人情報媒体です。

 「未経験者OK」を希望条件に登録しておくと、一つでも多くの応募可能な求人に出会えます。就職活動に役立つ、履歴書の書き方や面接マナーなどのコンテンツも充実しているので、ぜひ登録しましょう。

【関連記事】
ニートの仕事探しについて
わかものハローワークを活用しよう
試用期間ってナニ?知らないと危険かもしれない就職用語とその意味

 - 求人情報

  関連記事

no image
わかものハローワークを活用しよう

ニート向けの就職支援を展開するハローワーク  ハローワークは、言わずと知れた、厚 …

no image
ニートの仕事探しについて

自分の興味があることをスキルにつなげる  ニートが事前準備をすることなく、すぐに …

試用期間ってナニ?知らないと危険かもしれない就職用語とその意味

求人情報に掲載されていることがある「試用期間」、これってナニ?  就職しようと求 …

正規雇用と非正規雇用の違いについて

正規雇用と非正規雇用の違い  「社会に出て働く」といっても、そのスタイルには様々 …